第3回、第4回教室開催しました

第3回の教室を、5月29日(日)に開催しました。
第4回の教室を、6月12日(日)に開催しました。

第3回までに最初の教材が終わり、第4回から、いわゆるブロック崩しを作成しています。ブロック崩しは、2Dゲームとなります。

子供たちがすごいところは、自分なりに改造を試みるところ。
色を変えてみる子がいたり、ボールやバーのスピードを変えてみる子がいたり、効果音を変えてみる子がいたり。

つまり、自分で考えて応用していくのです。
学校の勉強で応用って、自分では考えづらいもの。
このあたりもプログラミングの効用かと思います。

午前中の部活を終えてから参加してくれる子、家の用事を済ませてから少しだけ足を運んでくれる子、将来プログラマーを目指してどんな勉強をしたらいいのかと質問をくれる子。

こういう教室をやっていて思うことは、全ての子がキラキラしていることですね。大人になってどんな仕事をするにしても、ずっと輝いていてほしいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ